お金を返済するさいのリボ払いとは

お金を借り入れたさいには必ずそのお金は返済しなければなりませんが、返済する方法にもいくつかあり、その方法のひとつがリボ払いです。リボ払いはリボルビング払いの略で、分割払いの方法の一種になります。
一般的にお金を借りた場合には、借りたお金のほかそのお金を借りた手数料として金利を支払う必要があります。通常は、借り入れた金額に対して支払回数を定めて分割するのが一般的ですが、この場合には追加の借入れを行った場合などには自動的に返済額も増えていくことになり、その結果、月々の返済負担が大きくなり返済が困難になりますが、このさいの返済額がリボ払いでは固定することができます。
リボ払いでは残高スライド式が一般的であり返済額は残高に応じて返済額が決まっていますが、半端な数字が出ないのが利点です。また月々の支払い額が固定されるので返済計画が立てやすいといったメリットがありますし、借入れ金額が増えたとしても返済額が固定なので支払い額が急に増えるということがないのがメリットといえます。
ただしリボ払いでは月々の返済額が少ないというのが最大のデメリットともいえます。返済額が少ないというこということはそれだけお金の返済期間が長くなるということであり、お金の返済期間が長くなるとそれだけ借りているお金に対して手数料である金利を多く支払う必要があります。小さい利率であればさほど負担になりませんが、大きい利率の場合にはかなりの差がでてきます。このため、通常の分割払いに比べて支払総額が増えることになります。リボ地獄からの脱出